不妊治療 費用

Image Replacement

不妊症の原因ー排卵・卵管・子宮

ninshin-1.gif

通常、妊娠しやすいタイプの女性は1ヵ月に1回の排卵がありますが、排卵が数ヵ月に1回や全くないというような排卵異常による不妊の原因があります。

脳下垂体や視床下部の機能低下や卵巣の機能低下なども原因の一つです。

卵管の異常は途中が狭くなっていたり、詰まっていたりして精子と卵子が出会うことができなかったり、受精卵が子宮に到達できなかったり、子宮外妊娠を起こす原因にもなります。

原因として性感染症・開腹手術による癒着・子宮内膜症などがあげられますが原因が特定できない場合もあります。

子宮の異常はエコー検査や子宮卵管造影検査などでわかります。
30歳以上の女性に子宮筋腫や子宮内膜症が多く発生し、30歳以上の女性の3〜4人に一人が子宮筋腫を持っているといわれ注意が必要です。

子宮内膜症は軽度であっても重度であっても同じように妊娠率が下がるといわれています。