不妊治療 費用

Image Replacement

不妊の原因ータバコとお酒

ninshin-1.gif

タバコによる血中に吸収されたニコチンなどの有害物質によりホルモンバランスの乱れ、血流障害がでてきます。

特にタバコの影響は精子に出やすいとされ喫煙者のすべてではないにしろ、頭の小さい精子が多くなったり、精子の数が減少するといわれています。

またニコチンには血管を収縮させる作用があるため、喫煙者は非喫煙者に比べて2倍以上も勃起不全になる確率が高く、勃起不全の患者の約80%が喫煙者という統計もありますので、赤ちゃんを授かりたいならなるべくタバコはやめましょう。

また過度の飲酒は大脳を抑制し、視床下部が影響を受けるため男性ホルモンの生産が少なくなってEDを引き起こすこともあります。

飲酒もほどほどにすることが大事です。